ワーム

ゲーリーヤマモト【ハガー】バックスライドワームが登場!水中動画、使用感、インプレ。

どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。

今回ゲーリーから新しいワームが発売されました。
ハガー(hugger)という名のバックスライドワームです。

ゲーリーヤマモトから発売されているバックスライドワームで絶大な人気ワームのファットイカがあります。ファットイカとの違いや使い分けなんかの交えて紹介していこうと思います。

特にこの季節カバーに入るバスがほとんどなのでバックスライドは重宝します。

今回使用したのは、野池と琵琶湖での使用になります。

ゲーリーヤマモト ハガー(hugger)

ハガーはイヨケンこと伊豫部ケンプロが制作に携わったワームです。
手に関しては河辺さんが作ったみたいなので共同開発ですね!

個人的にイヨケンさんは好きなので使うのが楽しみでした。

長さ・・4.4インチ

重さ・・12.5g

価格・・

おすすめフック・・スゴイフック#4/0

今までバックスライド系にはなかった長い爪が特徴的です。
ザリガニや手長エビを意識して作った高比重系バックスライドワームです。

使用用途

使用用途ですが自分はバックスライドのみの使用を考えていましたが
琵琶湖に行く機会があったのでテキサス、パンチショットでの使用もしました。

ワームの強さを知りたかったのでウィードに落とす釣りをやってきました。

ハガーを使ってみて

ハガーをつかってみて思った事ですが
野池で使用したバックスライドに関してはホントに使えます!!

まず色んなワームを使ってきてファットイカに最終戻る自分なんですが今回のハガーに関してはバックスライドの幅が違うのでこれすげーなって印象です。

ハガーの爪ファットイカの足違う形なので誘い方も少し変わってくると思います。ハガーの場合はネイルさして爪の動きを大きくしたりもできます。

個人的にファットイカは誘う系で使って
ハガーは逃げるエビを意識して使います。
スポンサーリンク 

爪とボディーに関して

個人的にバックスライドでの使用しかするつもりは無かったんですが琵琶湖に行く機会があったのでウィードの中をガンガン使ったらどうなるのかを検証してきました。

爪に関してはかなり強く全くちぎれたりしなかったです。
一番の心配が爪に関してだったのでこれは予想外でした!

なのでテキサスでも問題ないですね!

ボディーに関しての弱点

ボディーに関してはヤマセンコーの7インチをボディーに流用しているとの事で
正直弱いです。テキサスで使っているとフック周りからボディーから塩が出てきてボロボロになってきます。

ガチガチだとフッキングも決まりにくいので
これは仕方ない事ですかね。。

使用用途の結論

ハガーはバックスライドがおすすめです!
バックスライドの幅が大きいのでハガーはエビを捕食しているフィールドにはかなり使えそうです!

他にもジグのトレーナーなんかもありますが向いてはいないですね。
その時にトレーラーを持ってなかった!なんて時は全然ありですが一日ハガーでジグに合わせて釣るのはワームの消費を考えると厳しいです。

ロッドとラインについて

ロッドはMHぐらいが一番気持ちよく使えると思います!
長さは6.6ftから7.0ftぐらいが使いやすいでしょう。

ラインはフロロ一択で太さは最低14ぐらいからがおすすめです!
あまりに細いとカバーから出すには不安すぎます。
スポンサーリンク

水中動画

バックスライドの幅がこれで分かりますよね。
これからゲーリーはファットイカとハガーの二大巨頭になるでしょう。

まとめ

ゲーリーから新発売されたハガーですが

新たな釣れるバックスライドの完成ですね!
この手の威力は大きいと思います。

手のおかげのバックスライドの幅
手のおかげのフォール時の手のバタバタ

ほんとに釣れるワームだと思います。
一個残念なのは価格のみですね、、ファットイカも同じなんですが。

最後まで読んでいただきありがとうございました。