ワーム

DRTから新商品登場。【VTS】7インチ新発売!使い方、水中映像

どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。

今回気になっていたDRTからVTSが新発売されました。

ソフトジャークベイトといえば自分はデプスのサカマタシャッドを使っています。
今回使い方の違いなども交えて紹介できたらなと思います。

めっちゃ釣れそうですこのワーム!売り切れは間違いないでしょう。

DRT VTS スペック

重量 約27グラム 入り数 5本入り

カラー8色 価格 税抜き900円 発売日9月中旬

おすすめのフックは#4/0~6/0のワイドゲイブフック

今回比べていこうと思うサカマタシャッドは5インチ9.8g、6インチ16g、8インチ36.5グラムです。

7インチ27gという事でサカマタシャッドには無いサイズになっています。

ほんとに間に位置するぐらいの重さですね。個人的にサカマタ8インチは大きすぎじゃない?と思うフィールドが多い印象でした。

なのでこのVTS7インチはかなりいいサイズです!!

ちなみに現在のメルカリでの相場は1袋4千円程度です。笑

VTSの特徴

VTS7インチの特徴ですがテール部分がタイニークラッシュやクラッシュ9のように上下で厚みを変えているので

水嚙みがかなり良くなっているようです。

テール部分だけでなくボディも上下で厚みが違うのでフックの刺し方やネイルの挿入法で違う動きが出せるみたいです!

フックもかなりセットしやすい設計!!

DRTから【FINK3.7】フィンクが新発売!!使い方やフックサイズ、おすすめのリグを紹介しています。DRTからついにFINK3.7が発売となりました。今回はクローワームという事でボトムに適したワームとなっているのか?使い方などを交えて紹...

使い方 ノーシンカー

かなり詳しく使い方が載っていましたので引用させていただきます。

基本的にはノーシンカーでの使用

分厚い方を背中にすれば水面を破りにくくなり
高速リトリーブ時も安定して泳ぐようになります。

その逆、細い方を上にするとピョンピョン逃げ惑うベイトフィッシュのような
上に跳ね上がるアクションが容易に出せます

ノンソルトのため浮力が強く、
フックの種類〜重量によるアクションの変化も楽しめます。

ネイルシンカーを使った水平シミーフォールは
V-TAILのデザインも相まって魅力的なフォールで獲物を誘います
(テール側から1〜2節目に打つのがオススメ)

引用元 password:drt

分厚い方を背中にすれば高速リトリーブでも安定して泳いでくれる。コレほんとに嬉しいですよね!

浮き上がってしまうのをサカマタシャッドでは諦めていました。ネイルを挿す以外の方法は嬉しいですね!!
スポンサーリンク

ノーシンカーでのジャーク

おそらくこのルックスから想像できるのは
ジャーク〜ダートさせて…という使用法ですが
現在主流のジャークベイトのようなロッドアクションだと水を噛みすぎ
うまくダートしてくれません。

パンッパンッと弾くジャークというより
Mくらいのロッドで、柔らかくトゥイッチで使用することが
VTSをうまくダートさせるコツです。
巻き取り90cm以上のスーパーハイギアで
リーリングも織り交ぜ使用すると容易にできます。

ラインは12lb〜20lb(フロロ&ナイロン共に)

ML ~ Mクラスのロッドがオススメです。

ロッドを下段に構えての高速リーリングのSTOP & GOは
テストでも素晴らしい反応を見せてくれました。

引用元 password:drt

おすすめのロッドクラスがML~Mクラスという事はかならオカッパリ一本で使える方には嬉しいんじゃないでしょうか?ビシバシジャークさせるよりも柔らかくというのがコツみたいですね。

これもサカマタとは異なる部分だと思います。

おすすめのフック

出典 password:drt

4/0 〜 6/0までのワイドゲイブフック

ボディ上下でアクションチェンジが可能なため
スクリューロックタイプのフックがオススメです。

通常のオフセットタイプですと、
ロングネックタイプの物が後方重心になり
アクションバランスもよくオススメです。

実釣テストではOWNERさんの
TWIST LOCK BEAST 4/0を多用してました。
(画像一番左)

個人的にはイチカワSPフックがいいかなと思っています。

VTS 7インチ 水中動画

ここ最近のワームの中で一番釣れそう!という意味で衝撃でした。

まとめ

売り切れ必須のワームになる事は間違いないでしょう。

久しぶりに水中動画を見て興奮しました。また発売されて購入し使ってみたらまたインプレとして記事を追加したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。