初心者

初心者から上級者までずっと使える野池おすすめワーム5選!!

色んな種類のワームが出てますが結局どれがいいのか分からない人必見!
これだけ持って行けば迷わず釣れるワームを5選としました!

どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。

自分も釣りをしてきて野池や河川などにオカッパリに行くとき
荷物が増えてしまいカバンがパンパンになる事が、、

あれも使うかもしれない、これも使うかもしれない、そう考えてしまう人は
ワームの種類をまず絞る事から始めよう。

みなさんはオカッパリで竿を何本持ち歩きますか?
自分は基本一本か二本でMLベイトHベイトです。そんな私が使うワームの紹介です。

これだけ持って行けば釣れます!!

そのなかで一番使えるよく釣れるジグも一つ紹介します!

ゲーリーヤマモト ファットイカ

ゲーリーヤマモト代表と言えるぐらい人気のファットイカ
残念なことに最近値上がりしました。

カラーもかなり豊富でどこの店舗にも置いてあるので無くなった時に
すぐ購入できるのがいいですね!

3種類ありますが基本は同じと考えてください。
今回は標準のノーマルタイプでお話していきます。

これを使う理由はバックスライドからのアピール力の強さです。
スポンサーリンク

ファットイカの使い方

ファットイカの使い方はノーシンカーバックスライドでの使用です。
バックスライドのいい点は手前に落としても奥に自動で入って行ってくれる事です。

ただラインはフリーにすることが大事なのでラインは送りだしてあげてください。

飛距離も抜群に出ますので普通のワームでは届かない場所にも届ける事ができます。

フックはオフセットフックの4/0か5/0をおすすめします。
基本自分は4/0で使っています。毛の部分から刺します。

かなりの塩が入っているのでフックは一発で綺麗に入れないと
ワームがつぶれていきますので注意!
ちなみにこれはミスってます。笑

フックの刺し方は画像を参照してください。

ラインは12ポンドから16ポンド程度
もちろんカバーに使うワームですのでリールのギア比はハイギア推奨です。

ロッドはMから使えますがMHからの方がカバーに使うので安心ですね。
MLではかけてからが少し不安になります。

カラーを一つ選ぶなら私はグリーンパンプキン、ウォーターメロンのこの色です。
今まで釣りを20年してきてこのカラーが一番釣果があります。

もちろんカラーの使いどころはありますので考える必要はありますが
この色は外れる日が少ないのでどんなワームでもおすすめです!

ルアーカラーの選び方の記事はこちら

バス釣りルアーカラーの選び方!ルアーの色を条件や状況に合わせて使い分けよう。今回はルアーやワームの色によって釣果は変わるのか?について うしお的考えで書いていこうと思います。 どうも、うしお(@turiy...

エバーグリーン ツインテールリンガー

ツインテールリンガーはエバーグリーンから発売されているワームで

サイズは3.8インチ(9本入り)、4.7インチ(8本入り)、5.8インチ(7本入り)の3展開です。

これを使う理由は二つに分かれたテールのアピール力です。

ツインテールリンガーの使い方

出典 エバーグリーン

使い方はネコリグを代表的に使用していますが

ノーシンカーにダウンショットやスピナべ、チャターのトレーナーにも使える万能ワームです。

今までストレートワームを基本ネコリグで使用していましたが
このツインテールリンガーが発売されてからはずっとこれを使用しています。

明らかにバイトの差を感じたからです。

このテール部の二本に分かれた部分がバスを誘います。

細身の為に自然な動きで放置時の水の流れだけでも動きます。

出典 エバーグリーン

サイズも3展開あるので自分のスタイルに合わせて使うのがおすすめです。
個人的には3.8インチはスタイルに合わないので使いません。
スポンサーリンク

デプス ブルフラット

ギル系ワームの元祖?ではないでしょうか

この形最近はかなり多くのメーカーが出していますが
ブルフラットは元祖と言えるギル系ワームだと思います。

サイズは2インチ、3インチ、3.8インチ、4.8インチ、5.8インチ

出典 デプス

とサイズ展開も多いです。

ギルのいるフィールドは本当に効きます!

最近は店舗に並ぶことも多いので買えるチャンスも増えました。
選んだ理由は使い方の豊富さギルのいるフィールドで使えるギルパターンに使えるからです。

ブルフラットの使い方

ブルフラットの使い方はフリーリグで使います。

他にもダウンショット、テキサス、ノーシンカー、ジグのトレーナーにもおすすめです。

カバーからオープンエリアでも使えるワーム

なぜフリーリグがおすすめかと言うと
ブルフラットはフォール時にスパイラルフォールで綺麗にワイドに落ちていきます。

フォールで食わせたい時には効きます!

水深のない場所をズル引き水深のある場所に入ったらまたシンカーから落ちて
フリーなアクションになりスパイラルフォールで食わす事が出来ます!

フリーリグはシンカーがワームにくっついた状態ではテキサスのような使い方もでき
ブルフラットではギルが底にいるような感じも出せます。

使い方が豊富なのは本当におすすめです。
ジグのトレーナーにも合います!!
スポンサーリンク

OSP ドライブクロー

出典 OSP

OSPで売れ続けているワームドライブクロー

サイズは2インチ、3インチ、4インチ、5インチの4展開となります。

使い方も豊富なクロー系ワームです。
このワームを使う理由はクロー系のワームに求める事が完ぺきに備えられているからです。

身切れしにくく、手がしっかり動く、餌っぽさがしっかり出る。フッキングも決まりやすい。

この条件をクリアしているワームです。

ドライブクローの使い方

基本的なクローワームと同じですが
ダウンショット、テキサス、ジカリグ、フリーリグ、ジグのトレーナーに主に使います。

基本的にはカバーに使う事が多いですが
見た目からしてザリガニ、エビに似たワームです。

テキサス、ジカリグの底のズル引きにも使え少しアピール力の強いラバージグにも
使えクロー系ワーム代表と言えるワームだと思います。

フォールで食わす事も普通に出来ますが個人的には放置で使う事も多いです。
フォールで使うワームは次に書いています。

大きなサイズはダウンショットには使用しませんが3インチまではダウンショットにも使います。
野池に持って行くクロー系ワームにはピッタリのワームです。
スポンサーリンク

デプス バルビュータ

出典 デプス

バルビュータはデプスから発売されているワームで

サイズは2展開の3.5インチと4インチになります。

このワームを使う理由はアピール力!!です。

このバルビュータは巻いても釣れ、フォールでも釣れるワームです。

バルビュータの使い方

バルビュータのおすすめはジグのトレーナーにする事です。

フォール時のテールの動きと着水後のラバージグのスカートのアピール
これはフォールでも釣れますし、着底後のアピールでも釣れます。

ラバージグについての関連記事はこちら

テキサスリグとラバージグの違いと使い分け。使いどころ考察!どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。 底物としてずっと昔から使われいるテキサスリグとラバージグの違い、使い分けの...

先ほど紹介したドライブクロー完ぺきなワームですが
アピールに関して最強だと思うワームがこのバルビュータです。

テールの波動がアピールしてくれます。

このワームを使う理由はフォールで食わせたい時のアピールです。

他にもジグのトレーナーにしてジグストや巻き
チャターのトレーナーにも適しています!

縦に落とす釣り方でアピールさせたい時はドライブクローではなく
こちらを使用しています。

ちなみにですが購入した時はこのようにテールがボディにくっついています。
これは離して使ってくださいね!

まとめ

最後に

これは私が使ってきて選んだものになります。
もちろんクロー系ワームなんかもかなりの種類があります。

私が言いたいのはこのような種類を持って行けば汎用もできていいですよ!
という意味もあります。

似たようなワームはかなりたくさんあります。

あれもこれもとならないように、この種類のワームをバックに入れて
行きます!!

参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。