初心者

バス釣りラインの選び方使い分け!メリット、デメリットで分かりやすく解説

どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。

バス釣りのラインの選び方
釣り道具屋に置いてあるラインですが、かなりの種類がありますよね。
初心者の方はどれを選んだらいいのか分からない、、、

ラインの選び方を間違えると釣果にも影響が出てきます。初心者の人にとって最適なラインの選び方をこの記事で紹介します。

どんな釣りに適しているラインなのか特性やメリットデメリットで分かりやすく解説していきます。

今後ずっと使える知識ですのでしっかり覚えて下さいね!

ラインの選び方・種類

ラインの種類は三種類あります。もちろんそれぞれに使いどころがあります。
特性を理解して使いましょう。

ラインは消耗品です。ですが安くて大容量みたいなラインを使っていると巻き癖や痛みなどの良製品との差が出て最終的には魚をバラしてしまった。
ルアーをキャスト切れでロスト(無くして)しまったなど釣りをするにあたってモチベーションの下がる事になります。

自分の釣行回数なども考えラインを考えるのがいいですね。

ナイロンとフロロカーボンの太さは(ポンド)lbで表されていています。
1ポンドは約450gの引っ張り強度があると考えてください。

PEラインについては(号)で表される事が多く
どれも数字が多くなるにつれて太くなり強度が強くなります。

それでは三種類のラインの特性やメリットデメリットを見ていきましょう。

ナイロンライン

このナイロンラインはしなやかでトラブルが一番少ないラインです。トラブルが少ないことで初心者のバス釣りに最適でおすすめのラインになります!!

柔らかいんですがそのため少し伸びる特性。柔らかい分遠投性能にも優れラインが伸びる分魚の乗りががいい。バレにくいという事だ。

ナイロンラインは価格の差が大きくて高いものは伸び率を抑えて良い面のしなやかさは残すという使用感で3種の中では一番値段の安いラインです。

安いですが3種類の中で劣化が一番早いのがナイロンラインです。交換頻度は一番早くなります。

よく安売りで古そうなパッケージのナイロンラインがカゴで売られていますが古く劣化している可能性もありますので気をつけてくださいね!
新品のラインが劣化していたら嫌ですよね、、、
スポンサーリンク

メリット

  • 価格は安め
  • 浮力が高いのでトップ向き
  • トラブルが少ない
  • 遠投性能

向いている釣り
ポッパーなどトップウォーターの釣りに向いています。
クランク、ミノーをナイロンで巻く人もいますね。潜る深さが変わります。

デメリット

  • 劣化が早い
  • フロロに比べ擦れに弱い
  • 伸びる(メリットでもありデメリットでもある)
  • ラインが沈むのが遅い

向いていない釣り
底物や撃ち物と呼ばれる釣りは沈みにくいのと石や木に擦れることが多いので向いていません。

フロロカーボンライン

このフロロカーボンラインは比重が高いので水に沈みやすい特性があります。どのラインよりも重く伸びにくく擦れに強いライン。

ハリが強くナイロンみたいな滑らかさにかけます。そのせいでトラブルに繋がることがありますが
擦れに強い特性があるのでカバーなど石や木があるとこに強いです。
底物を使うにはピッタリのラインになっています。

バス釣りをする人の大半はこのフロロカーボンラインを使用しています。
おかっぱり一本で行くなら私もフロロ一択ですね。
スポンサーリンク

メリット

  • 感度の良さ
  • 擦れに強い
  • 水中で目立ちにくい
  • 劣化しづらい
  • 比重が重いので早く沈ます事ができる。

向いている釣り
底の釣り全般 沈ませる釣りカバーなど障害物周りの釣り

デメリット

  • ナイロンに比べ硬い分トラブルが増える
  • 巻き癖がつきやすい
  • 値段が上がる

向いていない釣り
トップなどラインが沈む事によって操作ができにくくなる釣りには向いていません。

PEライン

PEラインは太さに関する強度がかなり強いラインで他のラインに比べ4倍程度の直線強度を持っています。
ただ糸が編み込まれている作りのラインなので石に擦れたりするとそこからほどけやすく弱くなります。
強引にやり取りする釣り方には向いています!ラインの動きからも変化を感じやすく伸びが少ないのでフッキングが決まりやすい。

PEはバーサタイル性は0に近いです。特化されたラインですね。
私はフロッグ、パンチングぐらいしか使用しません。

メリット

  • 伸びないのでフッキングが決まる
  • 感度がいい
  • トップがやりやすい
  • 軽いルアーが扱いやすい
  • ロングキャストに向いている

向いている釣り

軽めのスモラバなどライトリグ釣り
フロッグ、パンチング
トップの釣り
飛距離を稼ぎたい釣り

デメリット

  • 値段が高い
  • 魚を弾きやすい
  • ライントラブルが多い
  • バーサタイルタックルには向かない
  • 結ぶのが面倒
  • 根ズレに弱い

向いていない釣り
ラインを沈ませて使う釣り
根ズレの心配をする釣り

スピニング、ベイトの基本

スピニングの場合は
ナイロン6~10ポンド
フロロカーボン3~6ポンド
PEライン0.4~0.8号

ベイトの場合
ナイロンライン8~30ポンド
フロロカーボン6~25ポンド
PEライン1~5号

これはあくまでも私うしおの基準です。
この記入したポンドとかけ離れたラインを選択するとトラブルの元になります。
スポンサーリンク

まとめ

いくら高いラインでも紫外線や擦れ、水を含みますので劣化します。
自分の釣行回数に応じてラインを選ぶといいですね!

交換サイクルは人それぞれです。自分の場合はつやが落ちてきたら交換します。
だいぶ使ってなかった場合は交換してから釣行に出かけます。

最初はナイロンなれたらフロロで使い分けしたい場合は一本のタックルならナイロンですね!
ラインはルアーの次に大事なことだと思います。太さと種類はしっかり選んで買いましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。