ルアー

デプス【パルスコッドjr】がついに新発売!オリジナルとの違い、使い分け、インプレ

どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。

今回6月に発売が噂されていたパルスコッドjrがようやく発売されました!!

パルスコッドはデプスから発売されているルアーで自分も琵琶湖での梅雨時期からのトップでいつも使っているルアーです!

jrサイズの発売!
少し大きめだったので野池や河川がホームの人には嬉しい発売です!

奥村社長が一年見送って出すパルスコッドjrが気になります。

デプス PULSECOD パルスコッド

パルスコッド

長さ・・80mm
重さ・・16.0g

Mクラスからのナイロンでの使用がおすすめです!

アフタースポーン期やハイプレッシャーなフィールドのタフなビッグバスを獲るために開発された“パルスコッド”は、ニュートラル状態のビッグバスを捕食モードへ切り替えるボイルサウンドとスプリングウェイト搭載による極めてナチュラルな波動でバイトへと導くために完成された新次元ポッパーです。

直進性を高める膨らみを両サイドに設けたフラットなカップ形状と、水平に近い斜め浮き姿勢を重要視した特徴的なデザイン&セッティングは、正面から受ける水をカップが逃さずに含み、しっかりと前へ押し出す事のできるポッパーとして仕上げられています。

引用元 デプス

一番このルアーでの特徴はこの部分です。
このボディの中にあるスプリングウエイトです。ステイ時にこのスプリングウエイトが
揺れてルアーが水面で微波動を出している状況を作ります。
これが使えるのは虫が水面にいるような波動を生み出してくれるのでこの時の微波動でのバイトが多いとも感じます。
このルアーの良さはぶっ飛びます!!

パルスコッドjr オリジナルとの違い

今回発売されたパルスコッドjrとオリジナルの違いは

基本的には重さと、長さです。

パルスコッドjr

長さ・・65mm
重さ・・10g

MLロッドからでも扱えるサイズ、重さになりました。

このサイズになってもスプリングウエイトは入っているので
微波動のアピール力は健在です。

他のポッパーに比べて重めなのでキャストしやすく投げやすい印象です。
スポンサーリンク

パルスコッド(jr)の使い方

パルスコッドもjrも使い方で大事な事は確実に放置です。

最初に説明したあのスプリングウエイトの微波動を使ってください。

活性の高いバスなんかはその前に食いあげてきますが
勢いで出なかったバスを出すにはこのスプリングウエイトの力が必要になってきます。

パルスコッドは口の部分が比較的大きく水を飛ばし水面を逃げるベイトのような
感じも水面に出すことができます。

使い分けは?

オリジナルでしか食ってこないようなバスも居ます。

大きい方がアピールも強いのでバスを呼ぶ力も強いです。
アピール力がほしい時、活性が高い時はオリジナルを使った方が大きい魚が取れると思います。

パルスコッドjrに関しては自分は琵琶湖では投げる気がないです。笑
野池や河川などのプレシャーのある場所でポッパーの力で出してみたいと思っています。

トップに関しては水がクリアでも関係なく出る者は出るので
野池なんかはjrのみで良さそうですね。

まとめ

オリジナルはポッパーの中ではかなり多きめで重かったですが
今回発売されたjrは丁度いいサイズになった気がします!

梅雨の時期に一本釣ってみたいですね。
多分品薄になると思いますので買うならお早めに!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。