ルアー

デプスのスリップヘッドジグ。すごいぞ!!このジグ使わなきゃ損です。

2018年に発売から使い続けて分かった事があります。『これ良すぎない?』です。

どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。

テキサスリグの良さ、ラバージグの良さどちらも兼ね備えた

スリップヘッドジグ

今回はこのdepsから発売されたスリップヘッドジグについて書いていきます。

是非読んでみてください。

スリップヘッドジグとは?

出典 デプス

depsから発売されているスリップヘッドジグ
1/8oz 3/16oz 3/8oz 1/2ozのラインナップです。

自分の大好きな琵琶湖プロガイドの冨本タケルさんプロデュースのジグ!!
ここ近年の琵琶湖での釣果は一番ではないでしょうか。

外れる日が無いというぐらい釣らせている冨本プロの作品

2018年に発売されて使い続けて分かった事を書いていきます。

スリップヘッドジグの特徴

出典 デプス

このジグはスナッグレスジョイントラバージグで
普通のラバージグとの違いはヘッドとフックがまずくっついてない事。

これがどんな意味をしているかというと、ヘッドからフックが出ていないのでワームが自由に動きます。

またフックの交換も簡単で

フックを曲げてでも回収できたら
またフックを変えれば使う事ができます。

ワームが離れている事によって自由な動きをするので
フォールからの自然な倒れこみアクションでバスはバイトしてきます。

出典 デプス

このヘッド形状を見てください。

これがボトム感知性能を上げてくれています。

ボトムの変化を伝えてくれるのは
釣果を上げる為の一つのポイントとなります。

またこのジグは障害物回避性能が高いです。
その理由はこれもヘッドとフックが離れているから。
オフセットフックとスプリットリングで繋がっているからです。

もちろんフックは隠す事もできるので今までラバージグでは攻められなかった
場所も攻める事ができるという訳です!!

ジカリグのような感じですがヘッドにラインを結ぶので少し違うます。
ヘッドが底をコンコンとコンタクトするのでジカリグでもなくラバージグでもない動きをしてくれます。

またスカートのアピール力もあるので
唯一無二の存在。

テキサスリグとラバージグの違いと使い分け。使いどころ考察!どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。 底物としてずっと昔から使われいるテキサスリグとラバージグの違い、使い分けの...

琵琶湖だけ?野池でも使える?

結論『どんなフィールドにも使えて釣れる!』

自分は野池と琵琶湖によく行くんですが
琵琶湖は月に2回程度で野池は毎週のように行きます。

真冬の野池でも釣果を上げれたのがこのスリップヘッドジグを使った釣り方でした。
真冬でも効く『自然なアピール力』この力はすごいです。
スポンサーリンク

おすすめの使い方

スリップヘッドジグにデプスのベコンクローの組み合わせです。

ベコンクローの爪は空気が入る作りになっていて、爪が上を向くようになっています。

ラバージグのいい点としてはワームが上を向く事が上げられますが、このスリップヘッドジグはヘッドとワームが離れているために上を向かずに倒れこんでしまいます。

しかしベコンクローをトレーナーにする事によって
倒れこむ事は倒れこみますが爪は上を向いたまま倒れこんでくれるんです

この動きがバスの口を使わせます。

デスアダーの組み合わせ


このデスアダーの組み合わせもかなり釣果が出ました!!

皆さんがしてないであろう釣り方がジグスト

巻いても釣れるのがこのジグのおすすめのポイントです!
デスアダーのセットでジグストこれでも良く釣れました。

フックを隠す事が出来るのでスキッピングでカバーの奥に入れて
ジグとしても、巻きのジグストとしても使えます。
スポンサーリンク

ブルフラットの組み合わせ


ギルの居るフィールドに効くのがこのブルフラット

そのブルフラットとスリップヘッドジグの組み合わせがホントに釣れます!
ギルが底を這っている感じでヘッドが底を擦ることで砂煙がでてベイト感も出してくれます。

ラバージグでは出せない、テキサスでは出せない

そんな動きを出してくれるのがこのスリップヘッドジグの
スナッグレス ジョイントラバージグの良さと言えます。

まとめ

こんな汎用性のあるジグがあればラバージグも、テキサスリグも使う頻度が下がりますね。

もちろん撃ち続ける場合やストンと落としたい場合などはテキサスリグを使用しますが
このジグの使い道はかなり多いと思います。

フックのサイズも変えられるので
自由に付けるワームも変えられるのも良い点ですね!

一度このスリップヘッドジグ使ってみてください!
病みつきになりますよ。
最後まで読んでいただきありがとうございます。