攻略法

梅雨のバス釣り攻略法!!このルアー持っておかないと損ですよ!!

今回は梅雨時期のバス釣りについて私の考えでお話していこうと思います。
どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。

自分の住む東海地区は6月の初週ぐらいに梅雨に入ります。

スポーニングが終わったバスが動き出すタイミングでもある梅雨時期の釣り
いわゆるトップが熱い時期に突入します。

今回ボートにしろおかっぱりにしろ
ロッドの本数が限られている(トップ用)としての
タックルを持って行けない人におすすめのルアーを紹介しています。

もちろん持っていける人にもおすすめですので是非読んでみてください!

梅雨

梅雨の時期はバスにとって好条件となる時期になります。
天気が曇り、雨になり活性が上がる事。風が吹き騙しやすくもなります。

人にとっては風も、雨も嬉しくはない事ですがデカバスをキャッチできるチャンスなのは
間違いありません!!フィールドに是非行ってみましょう。

梅雨のポイント

六月全国的に梅雨入りしますが
春に産卵を終えたバスが回復するためにベイトを活発に追い捕食します。
この時期がだいたい梅雨の時期と被ります。

なので梅雨時期は活発に餌を捕食するバスが低気圧や雨の影響により
活性が上がるタイミングになります。

人間的には雨はやる気が失せますがバスは反対です。

特にこの時期の雨が良いポイントになっています!
水温も上がってきた時の雨は恵の雨です。

夏の水温低下はバスにとって活性アップのポイントです。

これに風が吹くと気温が水温よりも高い場合は無風状態よりも
風が吹いた方が水温は上がりやすくなります。

逆に水温の方が高い場合は水温は下がりやすくなります。

梅雨の時期は真夏のような暑さがないので
マズメ以外の昼間でも十分に釣果が見込めます。
スポンサーリンク

梅雨の攻略には水面系ルアー

この梅雨の時期鍵を握るのが水面を意識した釣り方です。
水面、水面直下この二つを攻められる
ルアーが圧倒的に効率も良く釣果に繋がります!

ボトムにいるバスよりも活性の高いバスを狙っていきましょう。

バズベイトおすすめ

水面系ルアーとしておすすめしたいのがバズベイトです。
そのなかでもおすすめなのが言わずもがな『ゲーリーヤマモトのジャンボバズ』です。

個人的に音がが好きで使っていますが本当に良く釣れます。
バズベイトのいい点としては効率よく巻いてこれるのでランガンできる所です。

バズベイトに関してはフックが一本物で他のルアーのように交換できない為に
フックをメンテナンスしてあげた方がいいです。
ショートバイトやフッキングが甘かった時に
フックの先端が鈍っているとしっかりバスの口に刺さってくれないですからね!値段もそこまで高くないので一個は持っておきましょう。

スピナーベイト

梅雨の時期におすすめのルアー続いてはスピナーベイトです。

そのなかでおすすめなのがOSPのハイピッチャーシリーズです。
ハイピッチャーを使う理由としてはワイヤーの硬さにあります。

ワイヤーが弱いほど当たりを感じやすく巻き感が強くバイトを弾きにくい
デメリットはよく曲がるので壊れる、早巻きにも向いている

そのなかの真ん中にいるのがハイピッチャーシリーズで自分は琵琶湖以外のフィールドでは
よく使っています。

ウィードやストラクチャーにガンガン当てる場合はもう少し硬いデプスのBカスタムを使用しますが基本このOSPのハイピッチャーシリーズを使っています。

スピナーベイトの良いところは
表層から中層そしてボトムまですべてのレンジを効率良く巻く事ができるという点です。

バズベイトで出なかったとこをこのスピナーベイトでその下のレンジを一段ずつ下げて
巻いてくるようにしてください!

この梅雨の時期は風も伴う事が多いです。
風が吹いたらトップはアピールに欠ける為に使いにくくなります。

しかしスピナーベイトはむしろ風のある時に使うとメリットが
生まれ騙しやすくなるんです!!

風についての記事でスピナーベイトについて書いてますので読んでみてください。

バス釣り風の影響について!風が吹いたら巻物の理由とおすすめルアーも紹介どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。 釣りをする時に吹く風。この風がもたらす影響や風を有効にして使えるルアーを紹...

風が吹いたら巻物というのが分かると思います。
これでスピナーベイトがなんで風に強いかわかってもらえましたか?

梅雨は濁りも発生しやすいのでスピナーベイトはアピール力にも強く
ベイトに似せたフラッシングもありおすすめのルアーです!!

このスピナーベイトも同じくフックは交換できないのでメンテナンスは必要です。
釣行後はしっかり乾燥させるようにしましょう。
スポンサーリンク

トップはPE?ナイロン?

ロッドの数を考えた時に基本フロロを巻いてる人が多いと思います。
トップの釣りにおいてラインが沈むのはかなりのデメリット

もちろん専用のタックル(ライン)を持っていけるなら
PE、ナイロンをおすすめします。

ですが上で紹介したバズベイトに関しては着水後すぐに巻きだすので
ナイロンでなくても動きを殺しにくくなります。

ポッパーも使いたい時があったりしますが
フロロではステイ時にラインが沈みポッパーの動きを殺してしまいます。

まとめ

梅雨の時期はトップと言いますが
濁りや風の影響も受けやすくその中でのルアーセレクトが大事になってきますね。

まとめると
風の無い時は表層巻き系で効率良く巻いてくる
風が出て表層が厳しい場合はスピナーベイトなどの騙しやすいルアーで効率よく探る

風はストレスになるので
ラインテンションのかかっている巻物で効率よく探っていきましょう。

バスもアフターの捕食のタイミングが被る時期なので
ガンガン巻いてランガンすることがおススメです!

最後まで読んでいただきありがとうございます。