攻略法

夏だけじゃないトップウォーターが釣れる理由!年中おすすめのルアーを紹介

どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。

今回はそろそろ暖かくなりトップを投げたくなったので
トップに関する記事を書こうと思います!

トップウォーターは夏のイメージがありますが(正直冬は厳しいですが)それ以外の季節では可能性は高い釣りです!

トップしか投げないバサーも居るぐらいトップには魅力があります。
その魅力、使いどころを記事にしたいと思います。

トップウォーターとは

バス釣りに使うルアーでトップウォーターとは
水中に潜らない水面を巻いてくるルアーの事を言います。

水面でしかアクションしないという事はルアーは浮くルアーになります。
水面、水面直下の魚を狙った釣り方です!

トップウォーターが人気の理由は一番に豪快な水面へのバイトが見られるという事
このいつ出るか出るかと思いながら水面を巻いてくる時が皆好きな時間ですね!

トップウォーターが釣れる理由

トップウォーターは難しい印象で釣れないイメージがある人もいると思いますが
実はトップは釣りやすいルアーなんです。

なぜ釣りやすいかと言うと
まずはバイトの瞬間を目視で確認できる事が理由の一つです。
次に水面を巻いてくるルアーと言いましたが水面はバスにとって騙しやすい場所になります。
水面は光の影響でバスにとっては見えにくくハッキリルアーが確認できていません。
なのでシルエットだけでバスは食っています。

最後にバスにとって捕食とは生命に関わる事です。
捕食をするときは捕食しやすい場所に追い込む特徴があります。

これはどんなルアーでもワームでも同じことでバスが食べやすい状況を作る事が大事になりますが、トップに関して言うと水面が獲物を追いやすい場所になっているので、トップはバスにとって食いやすい場所になる訳です。

個人的に他使い時は水がクリアな時もトップは釣れると思います!
この釣りに関しては勢いもあるので活性の高いバスはスイッチも入りやすく、簡単に釣れる事も多いです。

なので冬でも活性の高いシャローに居るバスには効く!という事になります。
冬でも出るなら春、夏、秋は出るに決まってますよね?

自分が釣り場についてまず投げるのは羽物ルアーです。
このルアーでまずは野池の場合一周します。この釣り方で活性の良いバスは出てきます。

ネチネチした釣りの前にやってみるのがおすすめですよ!
スポンサーリンク

効果的なタイミング

トップウォーターが釣れるタイミングですが
これは明白で朝マズメ、夕マズメの時間です。

魚の活性の上がるタイミングで一番効果を発揮します。
なので朝一などはトップ一本で回る方が効率もよく釣果に影響すると思います。

夏の朝夕はもちろんですが他の季節も朝夕は活性があがります。

朝マズメ、夕マズメの他にも影響する事があります。

曇りや雨の影響です。

この曇りや雨、低気圧は魚の活性が上がるのでこのタイミングはトップを投げるタイミングだと言えます。

夏に限らず低気圧はトップが強くなります!

トップの釣りが苦手な事

トップウォーターが苦手な事があります。

『風』の影響です。

この風のある時はバスも水面で動くトップウォーターの存在に気付けません。
なので風が吹いていて水面が波立っている時はこの釣りは向かないので
違う釣りをする事をおすすめします。笑

ラインについて

トップウォーターを使う時におススメのラインですが
PEが一番浮きますので操作は一番しやすいです。
しかし専用タックルが必要になるのでなかなかボート以外で使っている人は少ない印象です。おかっぱりの一本だとなかなか高価で巻きにくいラインですね。

次にナイロンラインです。
ナイロンはロッド一本でも使えるライン。沈みにくくアクションさせやすく、値段も安く使いやすいラインなのでおすすめです。夏はナイロンを巻く事も多いです。
ライン自体に伸びがあるので、フッキングした時にバシッと決まるというよりかは、ラインが少し伸びる感じはします。あと劣化が早いです、、

最後にフロロカーボンラインになります。
フロロに関しては比重が一番重くラインが水を吸収してしまうので
水面を動かすトップウォーターは動かしにくくなります。
羽物なんかはラインを沈ませないようにロッドを立てて巻けば問題ないのですが、ポッパーなど止めが必要なルアーはラインが沈んでしまうためにアクションさせた時動きがビシッと決まらなくなってしまいます。

おすすめのラインは

  1. PEライン
  2. ナイロンライン
  3. フロロカーボンライン

この順番になります。
スポンサーリンク

おすすめのギア比

トップウォーターだけを使う事に関して言えば

『ハイギア』一択です。
いわゆるエクストラハイギアで大丈夫です!
羽物なんかは少し巻き重りがありますが
バイトがあってからの糸ふけの巻きとりスピードに関して、ローギアは巻き取りが遅くフッキングが決まりにくくなってしまうからです。
巻き重りがあると言ってもルアーを巻いてくるというよりかは、ラインで寄せてくるぐらいのスローな巻きスピードなので気にしなくてもいいと思います!

基本トップウォーターはハイギアで扱う事をおすすめします。

一年を通しておすすめのルアー

自分が野池に行くときに必ず持っていくのが羽物ルアーと言われるルアーです。

今までトップを夏以外に投げてきましたが、一番釣れたのがこの羽物ルアーです。
強すぎず弱すぎずネチネチ感もあり思わずバスも食いあげてしまうルアーなんだと思います。

羽物ルアーもたくさん種類がありますが
専用ロッドで投げるならルアーウエイトも気にしなくていいのですが
ロッド一本で回るならMロッドで回る方が一番多いと思います。

Mロッドで投げるならレイドジャパンのダッジがおすすめです!Mロッドでも十分キャストが可能な1ozクラスになっています!

是非参考にしてみてください!

まとめ

今回はトップウォーターに関して

夏以外にも釣れる訳を書きましたが

活性が高いバスには本当にトップはよく効きます!
活性とトップは本当に比例していますので、トップでバンバン釣れる日は確実に活性の高い日です!

トップを投げる理由は豪快な水面炸裂バイトが見たいから投げます。笑
これは一度味わうと皆さん虜になってしまいますね!

今年もトップを投げるのが楽しみです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
バス釣り人気ブログランキングはこちら!