攻略法

パワーフィネスとは?基本のタックル設定。メリット、デメリットで分かりやすく解説します。

どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。

パワーフィネス最近よく聞きますがどんな事を言うの?

自分はベイトフィネスがあるからパワーフィネス用のスピニングは必要ないや
と思っている方も一度読んでみてください。

今回は私もベイトフィネスを使っていて必要ないと感じていましたが
友人に一度借りた時に魚を触ったら欲しくなりました。笑

なので今回はパワーフィネスいいよ!って感じた記事を書こうと思います。

パワーフィネスとは?

パワーフィネスとはスピニングタックルでカバーなどを釣るためのセッティングです。

基本ロッドはMLの竿からHまでの物を使います。
もちろんカバーの濃さにも寄ってきますので自分のよく行くフィールドに合わせてロッドの硬さも合わせると良いと思います!!

使用するラインですがこれは必ずPEラインで直結使用します。

パワーフィネス
フィネスという名前がついていますが完全にパワーフィシングになります。

PEラインを使う釣りなので「そうです。ラインは高いんです。笑」
ですがスピニングでパワーフィネスをするのにはメリットもデメリットも含めあります。

どんな場所で使うか

ではパワーフィネスはどんな場所を狙うのか?
狙うのはカバーやブッシュ、ゴミだまりなどのカバーに使います。

これはカバー前提の釣り方になります。もちろんオープンの場所では普通のタックルでフロロでいいのでパワーフィネスは不要です。

パワーフィネスはカバーやストラクチャーなどの障害物に合わせたセッティングになります。

メリット

パワーフィネスのメリット

デメリットの方には別理由も書いていますが
PEラインはトラブルなく使えばラインが長持ちします。これは巻き替え回数も少なく済むので面倒さもなくお財布にも優しくなります。
フリーフォールがしやすい。
これはパワーフィネスの良いところそのものです!
私がベイトフィネスではなくスピニングでパワーフィネスを使用する理由は
ベイトでは一度サミングをして着水後にラインを出してあげる作業がありますよね?
でもスピニングにおいては着水後そのままラインを出しておけばフリーフォールして落ちて行ってくれる訳です。
しかし落ちパクと言われる着水後のバイトにはベイトのが有利でスピニングにとっては不利な面であります。

飛距離
これもパワーフィネスをする時に使用するPEラインのおかげで
普段届かないところにもキャストが届くという事です!PEラインのおかげでかなり飛距離は伸びます。

当たりの取りやすさ、ボトムの感知能力
まずスピニングという点でボトムの感知能力はベイトよりも優れます。
これはガイドが下向きで下方向の力を阻害しにくい構造であるからです。
これに加えてPEラインの感度の良さウキのように浮くラインのためにラインが走ればすぐ見ても分かるりウキのような役割にもなる。フッキングの決まりやすさも一番いいラインですね!
スポンサーリンク

デメリット

メリットもありますがデメリットももちろんあります。大きく分けると

  • 専用のタックルが必要となる
    これはそのままですが、Hのスピニングロッドを買ってしまうとバーサタイル性が無く
    他の釣りが出来なくなってしまうという点です。
    これはおかっぱりアングラーにとってはかなりのデメリットとなります。
    MLのロッドでは少しパワー不足になるので専用に一本買うしかないかぁ。。となってしまいますね。

キャストが難しいという点
ベイトフィネスで考えてもベイトはキャスト時にサミングが簡単に出来るために
キャスト精度が高く着水後すぐアクションやフッキングが可能である。

スピニングのキャストはサミングのように簡単ではなくフェザーリングというやり方をしますが、これが難しくベイトよりもキャスト精度が劣ってしまいます。

よくスピニングは素人が使うリールだと思われがちですが
キャストの精度に関しては確実にスピニングの方が難しいのです。
テイクバックが少なくてもキャストができるので、藪の中ではキャストはしやすいです。

ラインが高い
PEラインを使う上でのデメリットとしてはまずラインの値段が高い事ですが
それにプラスしてライントラブルも起きやすいのでラインが無駄になりやすい事です。
素人でなくてもPEを使っている時の横風はかなりトラブルが起きやすいです。
またPEラインは擦れに本当に弱くコンクリなどに擦れるとそこの強度が一気に落ちてしまいその擦れた部分から切れる事に繋がります。

リール

使用するリールは基本的に2500番~3000番のリールです。

カバーからすぐに出せる事、ラインスラッグもすぐに取れてフッキングできることから
リールはハイギア一択です。
ハイギアに越した事はない!というぐらいにハイギアにしか向かない釣り方です。

もう少し詳しく書くとカバーから引きずり出すという
少し無茶な使い方をする事前提なので剛性は強い方がもちろんいいです。

最近のリールはどれも壊れにくいのでそれほど気にする事はないかもです。
スポンサーリンク

ロッド

使用するロッドは7フィート未満でアクションはML~Hクラスを使用します。

カバーの濃さにもよりますがMLでは少しキツイかもしれません。
強引にカバーから引きずり出す釣り方になるのでロッドのパワーが必要になってきます。

最近はかなりの種類のパワーフィネスロッドが発売されていますので
自分の一番使い勝手のいいロッドを選ぶことをおすすめします!

まとめ

パワーフィネスに関して書いてきましたが
私も友人のロッドで魚をかけただけなのでこれから専用のパワーフィネスロッドを
購入したいと思います!
まだ全然パワーフィネス初心者ですので役に立つ記事ではなかったかもしれませんが
ロッドを購入しもっとパワーフィネスを理解した時にまた記事にしようと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!