攻略法

野池のタイプ、地形変化、探り方を初心者でも分かりやすく解説。

どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。
野池には色んなタイプがあるのをご存知ですか?
タイプによって釣り方も全然変わってきます。

これを理解して釣るか釣らないかで釣果の差がでてきます。バスの居場所を探すには地形を把握することがまず大事です。
池の種類は大きく分けて三種類です。自分の行くフィールドはどれに当てはまりますか?

それでは詳しく解説していきましょう。

野池とは

主に農業用水を確保するために作られた池の事を言います。

野池には持ち主が必ず居ます。個人が持っている池、市が管理している池、農業団体が所有している場合それぞれです。

ルールのある場合があるので注意しましょう。

ポイ捨て、駐車問題、などマナーは必ず守って釣りを楽しみましょう。

皿池タイプ

皿池は平地を掘り下げて周囲を護岸したタイプの池で平野部におおくみられ大型な池が多い。
一番のポイントは水深が浅いことです。

水深の変化も少ない池で地形変化が少なく雨の後はもちろんですが濁っていることが多い池。

大きさ的には皿池は大きい池がほとんどです。バスの居場所もわかりずらくポイントをしぼりにくい。皿池で一番バスが好むのはやはり護岸際の岸沿いか取水口ですね!

ここに居なかった場合はボトムの変化を自分で探るしかなくなってきます

スポンサーリンク

皿池おすすめルアー

皿池で釣る時におススメのルアーはバイブレーションやスピナーベイトのアピールの強めのルアー!

地形の変化が少ない分巻いて効率よく釣るのがおすすめですね

護岸際をバイブレーションやスピナーベイトで巻いて、池も濁っているマッディーなことが多いためハイアピールになるバイブレーションやスピナーベイトがおすすめです。

ただ角などの場所はテキサスなどの底物もありだと思うので使ってみましょう。

山間(野ダム)タイプ

透明度が高くダムのように広い池が多い池(野ダム)と言います。特徴としては水深は深めで水質もかなりクリアで池というよりもリザーバーに近い池。ボートも下せるスロープのある池もあると思います。

水質はクリアな時がほとんどで簡単に釣るのは難しいフィールドと言えるでしょう。

池も大きいのでバスも成長しやすく大型個体が群れて泳いでいるのをよく確認できる池。

ここも釣り禁止の場合が多いので看板が無いかまず確認してから釣りしましょう!

山間(野ダム)タイプおすすめルアー

このタイプの池での釣り方は水質がクリアな為に難しいです。

自分がいつも水がクリアな時にまずする釣り方はビッグベイト、スイムベイトでまず魚がいるか確認する。チェイスがあればトゥイッチやジャークを入れてみる。

これで反応がなければネコリグ、スモラバでフォローを入れるという釣り方。
まず魚が居ない場合は他のポイントを当たる方がいいでしょう。

なによりも水がクリアのために釣ることがまず難しい。バスもこっちにいる自分に気付いてしまうだろうからバレないようにキャストする事が重要になってくる。

あと偏光サングラスは必需品ですね!
スポンサーリンク


山間タイプ

山間部でよくみられる池でこのタイプの池が一番野池で多いタイプだろう。

この池の特徴は地形変化が豊富という点でバスが好むオーバーハングなど障害物が多く、バスの居場所が分かりやすい。

ただ山間タイプは水深も深いことが多いので雨で増水すると釣り場が減ってしまうこともあります。
周りに別の池が連なっている事も多くだいたいの池にバスは入っているだろう。

山間タイプおすすめルアー

野池として一番多い山間タイプの池、目に見えるストラクチャーが多い池なので
まずはそのストラクチャーにあったルアーを入れる事が大事です。

これ‼というルアーはないですがどんなストラクチャーにも合うのはジグやテキサスの釣りですね。
この釣り方は根掛かりも少ないしルアーをロストしにくく、ストレスなく釣りもできる
ので個人的に大好きですしホントに釣れます。
この釣りはフォールで食ってくる事も多くストラクチャーを超えると回収してまたポイントにキャストする釣り方です。
最後までアクションを続けてもいいですがかなり効率が悪くなってしまうためストラクチャーで反応なければ回収がおすすめです!

バスの居場所

撮影 TURIYOKUうしお

野池でのバスの釣り方は、まず目に見える障害物や変化を狙いその池の水深や地形を把握する事から始まります。当たり前のことですがバスの居ない場所にキャストしている事ほど悲しい話はありませんよね!なのでまずは釣れるポイントから紹介します。
代表的な釣れるポイントとしては

  • 流れ込み・・池に水が流れ込んでいる場所
  • 枕・・池に突き刺さている木
  • 護岸・・コンクリなどで整備された壁際
  • オーバーハング・・水面に木などが覆いかぶさっている所
  • ウィード・・水中に生えている草のこと
  • 倒木・・木が池に倒れこんで入っているポイント
  • 水門・・水が入るポイント
  • 取水口・・水の出ていくポイント
  • 橋脚・・橋の脚そのままです。

代表的にはこれぐらいでしょうか。どれもバスが好むポイントでまずは狙いたいところです。

どの池でも同じことですが、まず減水している時の地形を見て把握することです!その時に自分が考えていた地形と合えば正解という事になりますね。

スポンサーリンク

地形変化の探り方

撮影 TURIYOKUうしお

探り方としては必ず水深を測る時は投げているルアーの重さを頭に入れて着水から着底までをカウントすることです。
あとは底のゴツゴツ感や障害物に当たった時になにがどうなったかを想像しながら巻くことです。何も考えずに巻いていても何も感じ取れませんからね。

自分はボトムを探る時にスピナーベイトや、テキサスを使います。スピナーベイトを使う理由としてまず効率よく巻いてこれることと、根がかりしにくいこと。運が良ければそれで釣れる事も。。。

スピナーベイトである程度水深や沈み物があるかを確認してバイトもなければ今度は底物(テキサス)などでチェックします。
このチェックのやり方はテキサスを底まで沈めてゆっくり竿を立ててずる引きこれだけでかなり地形がわかります。竿から伝わるゴロゴロした感触やラインからわかる水深など。
ずる引きで引っかかった感触があればシェイクして誘うと釣れることもあります!
水中で提灯釣りになります。クッとひっかかる時に釣れる事は多いです。その引っかかるポイントは釣れるポイントにもなりますので覚えておきましょう
スポンサーリンク

まとめ

どの池でもバスが居る場所は池の変化のある場所で、そこにルアーを通す事が大事だという事が分かりましたね!
チャンスは減水時。この時に地形を見ておくと必ず増水した時のヒントになります。

バス釣りでの正解を知っているのは魚だけです。
自分で仮説をたてて考えやってみる。これが一番大事です!

なにも考えずに釣りしてても上手くはなれません。考えて釣りをするようにしてみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。