攻略法

マグナムクランクは琵琶湖だけじゃない。野池でも釣れる!!使い方、タックルについて

皆さんはマグナムクランクのイメージってどんなイメージをお持ちでしょうか?
専用タックルが必要じゃないか、根掛かりが怖い、釣れるのは琵琶湖でしょ?
など皆さん色んなイメージがあると思いますが、、

琵琶湖の釣りは野池にも有効なんです!!

去年マグナムクランクをかなり使い込んだので書いていこうと思います。

マグナムクランクとは?

マグナムクランクとは
普通のクランクに比べて名前の通りにマグナムサイズのクランクになります。
重さで言うと2ozクラスになります。

サイズの比較としてイヴォーク1.2とイヴォーク4.0の写真です。
イヴォークに関して1.2とは12センチとかではなく1.2メーター潜るよって意味です。

このサイズを見てまず思う事ですがデカいんです。
このデカさがバスを寄せるアピール力になる訳です!

クランクについての基本記事はこちら

クランクベイトの使い方!釣れないは間違いです。クランクは釣れるルアー。クランクベイトが苦手の方!クランクは釣れるルアーです!!! 前回マグナムクランクの記事を書いて気付きましたが、クランクベイトの記事...

ロッドについて

まずマグナムクランクに使うロッドですが
専用のロッドが必要なイメージがありますが、正直必要ありません。

ある程度の重さを投げれるロッドであればどんな竿でも釣る事ができます!

そのなかでもおすすめするロッドですが
琵琶湖においてもマグナムクランクにおいて必要な事は飛距離が大事になります。
飛距離を稼ぐにはロッドの長さが必要になってきます。
なのでロッドの長さは7フィート以上のロッドがおすすめです。

自分が使っているロッドも7.2フィートのロッドになります。
このロッドの表記は1/4~1oz 12~20ポンド
スイムジグ(スコーン)用に開発された竿になります。
琵琶湖でスコーン、ディープクランク、巻物で使っている竿になります。

短いロッドでもできなくはないですがある程度の長さは必要です。
スポンサーリンク


ロッドの硬さ

次にロッドの硬さについてですが
硬さは2オンスクラスのルアーなんだからビッグベイト用の竿でいいでしょ?
と思われますが、それでは硬すぎる場合があります。

自分の使っている竿はMHのティップの入る竿で

なぜ硬い竿が良くないかというと
ロッドのティップがクランクの動きでプルプル動く必要があり、なにかに当たったことが分かる必要があります。巻物はラインであたりを感じるよりもロッドから伝わる方が多いので
ロッドのティップは柔らかい方が向いています。

他にはマグナムクランクを巻いていると刺さってしまう事があるのでティップは柔らかい方がおすすめです!
グラスロッドはどうなの?と言われればありです!!
しかし、それこそ専用のロッドになってしまうので、野池のオカッパリで使うには
他の釣りが出来なくなるデメリットがあります。

基本はM~Hの間がおすすめです。Mに関しては完全に表記オーバーのルアーを投げるため
フルキャストする場合は気を付けてください。しっかり背負って投げるようにしてください!

リールのギア比は?

リールのギア比について
マグナムクランクは巻き抵抗のかなり強いルアーです。
正直ゴリ巻きするのであればハイギアはキツイ(無理)なレベルです。
おすすめのギア比はローギア、ノーマルギアが理想です
なぜハイギアをおすすめしないかと言うと疲れるからです。笑
それ以外に理由はないので巻き続けれる人はハイギアでいいと思います!

ギア比について。ローギアって必要なの?個人的なローギアの使用用途についてどうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。 今回はローギアって必要なの?っていうお話です。 自分が使っているリー...

自分は専用のタックルを持っているのでカルカッタコンクエスト201を使っていますが
野池のオカッパリで使う時はメタ二ウムMGLのノーマルギアでやっています。
少し無理な感じもしますが全然できちゃいます。
釣り方としては強い釣りになる為理想は剛性のあるリールのが望ましいです!
スポンサーリンク

ラインについて

リールについて話しましたがラインってナイロン?フロロ?何ポンド使えばいいの?
って話ですが

マグナムクランクについての理想のラインは
フロロカーボンで16ポンド
これが一番の理想かなと個人的には思います。しかしこれは汎用性も考えてです。

クランクを巻くに当たって
ラインは細い方がルアーが深く沈んで、太くなるほどルアーは沈みにくい。

この点を考えると琵琶湖において自分は14ポンドで巻く事もあります。
しかし野池で考えるとストラクチャー絡みなども考えて16ポンドは必要かと思います。
野池に関してはそこまで深い場所を巻くことも少ないのと根掛かりした場合に
回収できる確率を上げる為でもあります。

野池でマグナムクランクを投げる場合は
ラインチェックもしっかりしないとキャスト切れに繋がるので
ストラクチャーなどに絡めた時バスを釣った時などは必ずラインチェックを心掛けてください。

野池でおすすめの理由

野池でマグナムクランクがおすすめな理由としては
まず投げている人がまだ少ない事!これが一番大きいです。
投げている人が少なければバスも見切る可能性は低くなります。

次にアピール力
このデカいルアーかなりの波動を生み出します。
大きな波動のおかげで濁っている時に力をかなり発揮します。
個人的に春はすごく効くと思っています。
捕食の時期というのも、もちろんですが春はデカいのに反応がいいのがこのマグナムクランクの釣りにも共通しているのだと思います。

そして意外にもいつもオカッパリで使っているロッドで投げる事が出来る!という点。
しかしながらデメリットもあります。

値段が高い、ほしい時に買えない、ロストの可能性。
それは自分も全く同じです!無くなったら嫌。
すごく分かりますが自分はそれでも投げます。怖くても投げます。

1000円ちょいのルアー三個無くすのと同じなんで、ロストも怖いですが
釣れる魚はそれぐらいの価値がある気がします!

必ずルアーキャッチャーは持ち歩いています。

 

このダイワのルアーキャッチャーも3千円程度です。ルアー三個はすぐ元が取れるので
ルアーキャッチャーは買ってください!!これあってのマグナムクランクです(笑
スポンサーリンク


マグナムクランクの使い方

マグナムクランクの使い方ですが、なにはともあれ基本はクランクベイトです。

クランクベイトの基本の使い方は物に当てて食わす!これが一番バイトを得られます。
これはもちろんマグナムクランクでも有効で、ストラクチャーに当ててヒラ打ちさせて思わず口を使わせるパターンです。

当てた時に巻き続ける事も可能ですが、これはしっかりルアーが刺さってしまう可能性があるために避けた方がいいです。勇気のある人向けの釣り方です。笑
巻くときもリールのノブを握る時は力を入れずに握って巻く方が、なにかに当たった時にすぐにノブから手がクッと離れる(外れる)のでおすすめです!
力を入れて握ると当たった時に刺さりこむので注意してください。

マグナムクランクが普通のサイズのクランクと違うところは
もちろんサイズがデカいので浮力も高く、当てて浮かす当てて浮かすこの繰り返しが
一番よく釣れます。

これは琵琶湖でも同じですが
早いスピードで通ったルアーがストラクチャーに当たり、平打ちした瞬間急に止まり
浮上するこれがバスに効きます!!

マグナムクランクは巻いているだけですごいアピール力なので
物に当てなくても釣れる事はあります。
個人的な野池の使い時ですが
デカバスをアピールで食わせたい時、活性が低い時のリアクションバイト狙い
これがよくする使い時です。なにも考えずに巻いていても釣れないでしょう。
ボトムの変化なども気にする必要のある釣り方です。

バイトがあった時はフッキングというよりは、巻き合わせを心掛けましょう!

フックについて

最後にフックについても少し
マグナムクランクはもちろんフックも大きいので
フックもかなり大きく重いです。なので普通のクランクよりもルアーに深くフックサークルができます。

なのでフックは刺さりが悪くなるのでこまめに変えてあげる事が大事です!
少しでも貴重なバイトを物にしたいですね!

まとめ

マグナムクランクについて書いてきましたが
琵琶湖の釣りのイメージのあるマグナムクランクですが
野池でも本当によく釣れるんです。

野池と琵琶湖マグナムクランクで琵琶湖に劣るところはロストしやすいという点です。
琵琶湖はウィードに当てて浮かすのでまずロストは少ないですね。
ですがこれはメリットにもなると思います。
色んなものに当てて色んな動きを出せるからです。

野池のマグナムクランクフィッシュ最高に嬉しいです!
ぜひビッグベイトもいいですがマグナムクランク巻いてください!

自分のパターンを見つけると良いバスに巡り合えますよ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。