攻略法

季節で変わるバスの行動や居場所!春夏秋冬の動きを理解して釣果に繋げよう。

どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。

ブラックバスの季節で変わる行動をご存知ですか?
知らない方は必ず読んでみてください!!この記事で釣果が変わるかもしれませんよ??

バス釣りにおいて季節はかなり重要で季節にあった釣りをするとハマって爆釣したりします。
逆に合わない釣りをしていると釣れない事が多いです。
人間と同じでバスにも動きやすい温度がありますし動きたい時間もあります。

この記事では季節ごとのバスの動きについて詳しく解説しています。

この記事を読むとバスの基本的な行動パターンを把握することができるようになります。

春バスの行動や居場所

春はバスにとって産卵(スポーニング)を迎える時期です。冬から少しずつ暖かくなり水温が安定してきた頃に浅瀬(シャロー)で産卵します。

水温で言うとだいたい15度ぐらいと言われていますが、この時期のバスは体力をつけるため食欲が旺盛になるためバス釣りをするにあたって釣りやすい時期となります。

この食欲旺盛とは初心者の人も釣れやすくなるので初心者がバス釣りを始める時期にもおススメな時期です!

3月の動き

3月のバスはまだまだ寒い時期で活性もそこまで高くなく、魚が浅瀬を意識し始める段階です。

浅瀬に顔を出しては深場に戻るような動きを繰り返します。ただ冬に失っていた体力を取り戻すためにこの時期に捕食を始めます。

この捕食をしようとしているバスは浅瀬と深場の間で捕食のタイミングを伺っています。

まだ釣るのは難しい時期と言えるでしょう。
スポンサーリンク

4月の動き

かなり気温も高くなり水温も安定し上昇すると、バスは深場から浅瀬へ移動してきます。

水温も高くなり浅瀬に来たバスは産卵のためにこの時期から本格的に捕食を始めます。食欲旺盛で食い気がある時期です。

オスは産卵はもちろんしないのですが
その産卵場(ネスト)を作る為にオスはかなり浅瀬まできて産卵場を作ります。
浅瀬でずっとその場から離れず居るバスはネストを守っています。

メスは産卵場ができるまではまだ深いところにいる事が多くオスが産卵場を作ってからそこへ入ってきます。

5月の動き

もう暖かくなり春も終わりに近づき産卵を終えたバスは今度は産卵で奪われた体力を回復するためにまた食い気がよくなります。この時期をアフタースポーニングと呼びます。

釣れます。その理由は・・
オスは浅瀬でメスが生んだ卵を守る行動をとります。メスは2回目3回目の産卵があるためにまた少し深いところへ戻っていき、また同じように捕食し体力をつけてまた産卵に入ります。
この体力をつけるための捕食行動があるからよくメスが良く釣れるとされています。

オスを釣る釣り方もあります。ネストを守るために必死なオスはルアーで威嚇されるとイライラして口を使いルアーにアタックしてきます。このように釣る方法もありますがこのネストの魚を釣ることに関しては個人的にはおすすめしません。

5月後半まだスポーニングに絡んでいるバスは少しサイズが小さい気がします。
大きい個体から動き出す為でしょう。

あまり語りませんが人間で考えると辛い話ですよね。バスを大事にしてあげてください。

スポンサーリンク

夏バスの行動や居場所

夏はバスも人間も同じで暑くて動きたくない状況です。
暑くなりすぎるとバスも体力が無くなって活性も落ちていきます。バスの居る場所は人間と同じで
日陰や水温の低い場所に集まります。

水温の低い場所と気温の低い時間、朝と夕方が釣果への近道と言えますね。
個人的には一番バスの居る場所がハッキリわかって釣りやすいしポイントを絞りやすいのではないかなと思います。

6月の動き

6月は雨の多い時期。梅雨に入りますね。この梅雨に入ってから初夏にかけて、まだアフタースポーニングの体力を失ったバスの個体も多く食い気のあるバスもいます。

梅雨になり雨が増え気圧が下がるとバスの行動も少し変わり活性も上がり食い気も上がります。
この梅雨の時期からトップでの釣りが本当に面白くなり始めます。

雨だから釣りに行く気は失せますが活性は上がるので釣れる可能性はもちろん上がります。

この時期からバスは水面を意識するようになり水面系の釣りがハマりはじめます。

スポンサーリンク

7月8月の動き

この時期になると、とうとう夏本番です。猛暑日が続きバスもへとへとで体力が無くなります。

水質も一気に悪くなり朝まずめ、夕まずめ以外での活性も無くなります。

バスは水質のキレイところへ、水の冷たいところへという動きになります。
この動きは逆にどこにいるか分かりやすく、狙うところは流れ込みの水質がきれいなとこ、日陰になっていて水温の低いところになります。

昼間の灼熱の時間に釣るにはこの2つの場所は絶対に欠かせません。
もちろん朝夕まずめも効果的です!まず狙ってください。

秋バスの行動や居場所

秋のバスの動きは夏に快適だった場所を離れて移動します。

なぜならバスにとって快適な水温が広がっているからです。夏に涼しい場所に集まっていたバスもこの居心地のいい水温になるとバスは散り始めます。これが居場所を絞りにくい秋の釣りです。

夏に食べれなかったベイトを追い回す食い気のあるバスが増えますが台風がくると水質悪化と水温低下で釣れなくなることも多い時期です。条件が良いと秋は数釣りも楽しめる時期でもありますね。

9月10月の動き

まだまだ9月は暑い日が続きますね。

9月の暑い日のバスの行動は夏に紹介した行動と変わりません。寒かったりまた熱くなったりする日が多いので少し難しいとこもあります

少し夕方になると寒くなるような日、水温が下がり過ごしやすくなる日からバスはまた違う行動し始めます。バスは涼しくなるにつれて今度は冬を意識し始めます。

そのためまた捕食を重ね体力をつけようとします。居場所としては涼しいところに集まっていたバスもバラバラになります。秋はこのバラバラになった居場所の特定しずらいバスを探るにも効率の良い巻物で手返し良く探るのがおすすめです。食い気のあるバスはかなりの早巻きでも反応します。

巻物の楽しい季節ですね。

11月の動き

秋本番。水温もぐっーと低くなり水温が安定し始めるとバスは冬に備え捕食する時期となります。
荒食いシーズンです!この時期はパターンや群れなどにハマるとよく釣れます。

ただ合わないと釣れないことも多い時期です。この時期にあるターンオーバーこれは急な冷え込みによって底に溜まっていた酸素の少ない水が一気に押し上げられ池全体の水が低酸素によって悪くなる現象。(底の水と表層の水が混ざること)こうなるとバスの活性は下がってしまいます。

このターンオーバーは野池に限らずに起こります。

スポンサーリンク

冬バスの行動や居場所

バス釣りで一番釣果も体も辛い時期になります。

金魚を飼っている方は分かると思うのですが冬になると動かなくなりますよね?
バスも同じで体力を使わない為にじっと水温の安定する場所で春が来るのを待っています。

大きい個体はシャローに居ることもありますがほとんどの魚は深い場所でじっとしています。

12月の行動

釣果が落ちる季節12月。この気温になればバスの活性はかなり落ちてきます。

温排水があるような釣り場は例外ですがバスは深く水温の変わらない場所でじっとしています。
このバスを釣るにはリアクションバイトが効果的でバイブレーションやメタルジグをバスの目の前でブルブルとリフトアンドフォールするとばすはとっさに口を使います。
食い気のないバスを釣るには効果的な方法で手返しも良いのでおすすめです。

スモラバなども食わせの釣りでいいんですが手返しの悪さと寒い日に人もじっとしてられないので私には無理な釣り方です。(笑)

1月2月の動き

もう極寒期で池やダムが凍っているフィールドも多いのではないでしょうか。

この時期のバスも水温の安定した場所にじっとしています。釣果のほうも悪くなります。
ただバスの集まっている場所を見つけてメタルなどで釣果が多く出る日もあります。

冬に釣れるバスはでかいという言葉を聞きますが大型の個体は体力もあるため捕食する元気のある魚も多いです。なので釣れればでかいは正解です。小さいのも釣れますがあまりに小さいバスは冬に見たことありませんね。

まとめ

季節ごとのバスの動きいかがでしたでしょうか??
バスの動きを覚えたら釣果に繋がる事がわかりましたでしょうか?

これは基本になるため気温の変化などで時期はズレる場合もあります。

春はスポーニングで食い気があがり釣りやすい
夏は昼間以外の涼しい時間で水温が低く水質の良い場所
秋は冬に備えて食い気が上がる
冬水温の安定する場所でじっとしている。

これを理解するだけで投げるルアーが変わってくるんじゃないですかね。
人と似ているところも多いですよね!

少しでも釣果に繋がればいいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。