攻略法

春バスに効くルアー紹介!スポーニングを理解した上でおすすめのルアーを紹介します。

どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。

スポーニングの動きを理解した上で使うルアーを紹介したいと思います。
ルアーに限定して今回は書いていきます。

春の釣りですが地域によっては3月もまだ冬の釣りの地域もありますね。
私の住んでいる地域では3月の頭になると大型バスをシャローでよく見かけます。

春はデカバスが釣れる季節です。
ルアーを状況に合わせてデカバスをキャッチしましょう!

春バスに効くルアー

春バスに効くという事はどういう事なのか
まずはスポーニングの流れを理解することが一番の近道です。

スポーニングに関しての記事も書いてますので是非先に読んでみてください。

春のバス釣り攻略法!3月4月5月まずはスポーニングを理解しよう。どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。 そろそろバスが春を意識し、動きだしてきていると思い、春バスの釣り方 動き...

春のバスは個体によって動きが全然違います。

その個体に合わせたルアーセレクトをすることによってデカバスを釣るチャンスを得るという事です!!

スピナーベイト

スピナーベイトのいいところはまず根掛かりしにくくサーチができる事。
そしてアピール力も強く風に強い事です!
風に強いという点でスピナーベイトの記事も読んでみてください。

春になぜスピナーベイトが効くのだろうか。
春になり産卵を意識しているバスは体力をつけるために捕食をします。
この荒食いの時期はスピナーベイトのフラッシングが効きます。
このブレードのフラッシングはベイトが泳いでいるように見えて荒食いの時期はよく釣れます。
使い時としてはベイトを意識している時の釣り方です。
スポーニング(産卵)が始まるプリスポーニングの時に効率よく探れます。

根掛かりしにくい
風につよい
アピール力がある

この3つがスピナーベイトの良い点と言えるでしょう!
スポンサーリンク

シャッド

三月上旬はまだ寒い時期でもあります。
この寒い時期に使っていたシャッドもまだ初春では使用頻度も多いです。
シャローでスポーニングを意識しているバスも居ればまだディープに居るバスも居て
効率的に探る事もできバスを見つけたらトゥイッチとジャークで小魚が逃げる惑う感じを出してポーズさせ食わす。サスペンドモデルならバスの前で止める事もできます。
この時期はサスペンドしか私は使いません。食わせの間が欲しいからです。

この初春の時期は暖かい日に雨が降ることも多く気温と水温が上がると
ベイトフィッシュもシャローに集まりやすくなります。
そんなベイトを追ってきバスに効くのがシャッドです!シャッドはプレッシャーもかかりにくいルアーなのでガンガン投げましょう。

私は見えバスをシャッドを使って釣ることも多いです!
目の前で止めると襲い掛かってきます。大事な事は食わせるための間を作ってあげることだと思います。

スコーン(スイムジグ)

スコーンリグはサーチベイトとしても優秀で
使い方で大事な事はレンジを一定のスピードで巻いてくる事です。まず色んなレンジをゆっくり巻いてみてなにも反応が無ければストラクチャーなどに絡めてみる。
なにかに当てた後に巻くのを止めてフォールさせ食わせの間を作る事もできます!

明らかに表層意識しているバスが居る場合は表層早巻きなんかもおすすめです!

ジグの重さですが巻きたいレンジで重さを分けるとより引きたい層を巻いてこれると思います。

基本的には3/8ozと1/2ozでカバーできます。
私はもっとスローにボトム付近を引きたい場合に1/4ozを使用しますが
ほとんど3/8ozと1/2ozで大丈夫です!

トレーラーのサイズは基本5インチ前後がよく使われます。

私はスイングインパクトなら4.8インチでスタッガーオリジナルだと5インチもしくは6インチを使用します。

ガード付きはストラクチャーやウィードのあるエリアで使いますが
フットボールタイプはフラットや中層で私は使い分けしています。

ロッドはMHクラスのロッドでティップの入りやすいロッドが水中の変化も感じやすくおすすめです。

リールはスローに巻くことが多いのでノーマルギアかローギアがレンジキープしやすいのでおすすめです!
ハイギアでもトロ巻きできるよって人はギア比はなんでもいいと思います。

私は釣れない時など勝手に巻くスピードが速くなるのでローギア使ってます。
スポンサーリンク

ミノー

ミノーはベイトと言われる小魚に似せたルアーです。おすすめはサスペンドタイプです。
活性の高い時、ベイトを追いかけている時は
ただ巻き、ジャーク、ストップなどで使ってみましょう。
プリスポーニングの時期は活発に捕食をしますのでミノーで食わせのタイミングを作ってあげるとストップ時に釣れる事も良くあります。

7フィートを超える竿だとジャークなどルアーを動かすのが難しいので
6.6フィートぐらいの竿がおすすめです。

個人的に春は赤がよく釣れるので赤を使います。

ビッグベイト

画像は個人的にギルのいるフィールドでは餌だと思うほどよく釣れるブルシューターjrです。まだ春先はギルは動いてはいませんけどね。笑

ビッグベイトはサーチとして今どこにバスが居るのかを手っ取り早く知ることができます。ほかのアングラーの邪魔になるのであれば投げてはいけませんが
シャロー、中層ぐらいであれば一番バスを引っ張ってくる力があります。
なので春釣るルアーとしてはスポーニングが始まってからの威嚇の釣り
バスを怒らせて口を使わせる釣り方になります。ですが産卵を見守ってあげてほしいです。
そのためビッグベイトはサーチに使います。

もしも明らかにスポーニング中のバスを釣ってしまったときは
速やかにリリースしてあげてください。

まとめ

春の行動パターンまずはこれを理解しないと

間違ったルアーを使ってしまうという事が分かりましたでしょうか?
プリスポーニング、ミッドスポーニング、アフタースポーニングこれを考えてルアーを選ぶと必ず釣果に繋がります。

ぜひ春のデカバスを釣ってください!