攻略法

12月1月2月の冬のバス釣り攻略法!おすすめのリグやルアー釣り方を紹介!

どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。

この記事を読んでいる人は冬バスの釣り方に悩んでいるのではないでしょうか?

冬バスは釣れないは間違いではありませんが、釣れない事はないです。
シャローに上がってくるバスは夏のジグなどの釣りをしても私は釣れると思います。

今回は冬バスの釣り方を徹底解説しようと思います。あくまでもうしお的解説釣り方なので気になる方は読んでください。

冬バスの居場所

冬のバスの居場所はよく聞く水温の安定している場所。これはまず間違いないと思います。
フィールドの中でも、風の当たる場所、光が当たらない場所は確実に冷えます。
これは人間も同じで冬に釣りをしていて風が当たると寒い、太陽が隠れると寒い。バスにとっても同じことです。
逆に太陽が当たっている場所、風の当たらない場所は暖かく居心地のいい場所になります。

大抵は底に居ますが中にはストラクチャーの陰に潜んでいるバスもいます。
ストラクチャーに隠れているバスは居心地がいいので障害物に隠れてるので食い気はホントに少ないです。

冬にシャローに来るバスは体力もある大きなバスも多く食い気もあり少しぐらいなら追いかける事もできるようなバスです。

シャローに居るバス、深場に居るバス、ストラクチャーに隠れているバス、
この3種類に絞って今から釣り方を解説していきます。

シャローカバーの攻め方

ここは一番魚の居る可能性が低い場所です。先ほども説明した通り水温が安定せず冷えやすい場所だからです。

なのでシャローに居るバスは体力のあるバスが多く個体としては大きなバスが多いです。
バイトも明確に分かるぐらいルアーを持っていくバスも居るぐらいです。

私は自分が投げる場所が足場が低いところからのアプローチが多い事からまずはシャローのストラクチャーなど目に見える障害物にラバージグ、テキサスリグ、ジカリグなどで攻めて行きます。
ちょっとでかいかな?と思う時はスモラバでも大丈夫ですがカバーに通せないとダメです。

※冬でも足元は大事なポイントになりますのでまずは足元から!

シャローのバスは体力のある個体が多いです。捕食しに来ているバスや冬でも春を意識して見に来ているバスも居ると思いますが個人的にジグなどをカバーに入れて居たら食うと思っています。ただ大事に誘わないと見切られてしまいます。元気のない探すのが難しいバスを釣るよりも目に見えるストラクチャーに居る元気なデカいバスを釣りたいのでまずはシャローから攻めていきましょう。

スポンサーリンク

シャローにかけての釣り方

画像は同じソウルシャッドですが潜る深さが異なります。ルアーについているリップの形を見てください。潜る深さを変えて基本使い分けしています。

釣り方ですがまずはシャッドと呼ばれるルアーのサスペンドモデルでただ巻きする。

次に釣れそうと思うポイントでシャッドを巻いて止める、また巻いてきて止める。
バイブレーションは止めると沈んでしまいますが、このシャッドは巻いて止めるとルアーが止まります。バスの居るポイントの目の前にルアーを止めてバスに食わすという方法です。
これも良く釣れて効率もいいのでおすすめです!

ディープの釣り方

基本冬のバスの釣り方はディープになります。
このディープのバスを探るのに欠かせないのが、メタルとバイブレーションです。
このルアーの特徴はまずアピール力の強さで、使い方としては基本は底をゆっくり巻いてくるパターンとリフト&フォールのパターンです。
探り方、釣り方は、まずキャストして底まで到達するまでの時間を自分の中でカウントします。これはどのルアーでも同じですがカウントする癖をつけてください。なぜなら水深を測る事ができるからです。
水深をまず測る事で、その場所が深い場所なのかどうかを知ることができます。

ディープを探る事ができたらまずは底をゆっくり巻いてきます。この時に魚に触れるようなブルっとした感じがすれば魚は居ます。バイトだったかどうかは別としてヒントを得る事ができます。

バイブレーションは巻くと浮きやすいルアーなので少し巻いてから止めないとボトム付近を巻いているつもりが中層を巻いている場合がありますので気を付けてください。

サーチの仕方についてはこちらの記事で紹介していますので良かったら読んでください。

サーチベイトにおすすめルアー!地形を知るにはまずはフィールドをサーチしよう。どうも、うしお(@turiyoku_ushio)です。 皆さんは初めてのフィールドでまずどんなルアーを投げますか?? 私はまずフ...

次にリフト&フォールで攻めてみます。
この釣り方は人間で言うと頭の周りに蚊がプーンときたら手で払いますよね?
あれと同じで魚は手の変わりに思わず口を使ってしまいます。これはお腹が減ったから捕食ではなく
強制的に口を使わせる釣り方です。
バスの釣り方にはいろいろありますがこの思わず口を使わせる釣り方は、クランクベイトの平打ちした瞬間、ストラクチャーに当たった瞬間のバイトと似ています。
同じルアーを何回通しても釣れなかったバスがリフト&フォールに変えたら釣れた!なんてことも多いです。
個人的な考えですが賢いバスはバイブレーションが前をゆっくり通るのを繰り返せば、(またプラスチックかよ)と思われていると思っています。それが見切られということです。
そうなればこのルアーではリアクションで食わすしかありません。
体力がなく深場にいるバスには、バスの前にルアーを通して食わせやすくすること、それでダメならリアクションで食わすこのやり方が一番効率のいい冬の深場(ディープ)の釣り方、探り方です。

スポンサーリンク

ストラクチャー絡みの釣り方

深場のストラクチャーに付いているバスはなかなかメタルとバイブレーションを入れる事ができませんしルアーをロストする事になります。バイブレーションなんかは一個1500円ぐらいするので、ロストするとモチベーションも下がります。

そこで冬のストラクチャー絡みの釣りで活躍する釣り方はダウンショットリグです。
このリグはバスの目の前を確実に通す事のできるリグで、目の前にワームを持っていきバスに食べてくださいとアピールさせます。バスも体力を使わずスッと口に吸いこむことができます。

使い方はまずキャストして底についたらずーっとゆっくり巻いてきます。ラインがたるまない程度に
これで底の地形や障害物を把握します。もちろん投げて巻いている時は頭で考えて感じながら巻いてください。ラインが急に張れば深くなったな、コツンコツンとなにかを超えたなと思えば岩でもあるな。などワームの動きも込みで地形変化など水中を想像します。

この釣り方は初めてのフィールドでするには効率は悪くなります。先ほどのメタルやバイブレーションに比べると巻き取るペースがかなり遅いからです。

ただ知っているフィールドで沈んでいる物を減水時などにでも把握出来てると、そのポイントのみ狙う事が出来てバスの目線も合わせる事ができ効率も良いし、食わせやすいしで一石二鳥の釣り方です。ポイントを把握している場合はスモラバなども効果的ですね!

まとめ

以上が個人的に効率よく冬バスを探して釣る方法です。

メタル、バイブレーション、シャッド、ジグこの四つで基本回っています。いつも行く池で地形を把握している場合はもっと食わせの釣りにしてもいいかもしれません。

皿池タイプ減水、濁りありの池が一番釣れます。そんな池があればねらい目です!

冬のバス釣り渋くて難しいですが、釣れた時の嬉しさは何十倍ですので是非寒いですがフィールドに出向いてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。