攻略法

クランクベイトの使い方!釣れないは間違いです。クランクは釣れるルアー。

クランクベイトが苦手の方!クランクは釣れるルアーです!!!

前回マグナムクランクの記事を書いて気付きましたが、クランクベイトの記事を書いてないのにマグナムクランクの記事書てしまった。。笑

順番は逆になりましたが今回はクランクベイトの使い方、釣り方を紹介しようと思います。
個人的にですが初心者の人ってワームが一番釣れるイメージでクランクベイトのようなハードルアーは、なかなか釣れないイメージなんじゃないかと思います。

まぁ間違ってはいないんですが巻いて釣れる魚を逃してしまう事になります。

雑誌やYouTubeでクランクで釣ってるのを見てなんでそんなに釣れるのだろうと思ったことある人も多いんじゃないでしょうか。
クランクで釣るには投げる場所、コツが必要になります。

今回はそのクランクの基本から使い方などを記事にしていきたいと思います。

クランクベイトとは?

クランクベイトとはボディの先端にリップと呼ばれる唇のような物がついたルアーを言います。
シャッドというルアーも似ていますがシャッドはもう少しシェイプが細いです。

クランクベイトはリップの長さで潜る深さが基本決まります。
リップの長いものは深く潜り、リップの短いもの浅いレンジを巻く事ができます。
リップの長さだけでなく、リップに付いているアイの位置でも潜るレンジは変わってきます。

このクランクは巻けば潜り巻くのを止めれば浮いてくるルアーです。
まずはこんなルアーってことを理解しておいてください。

クランクベイトの特徴

クランクの動きは大きく分けて2通りありウォブリング、ローリングという動きです。

まずルアーを上から見た時に頭とおしり(しっぽ)が左右にブリブリ揺れる動きをウォブリングといいます

ローリングはルアーを正面に見て、背とお腹が左右にひねりながら揺れる動きの事を言います。

2点動きがあると言いましたが、どちらか一つしかない。という事はありえません。
必ず2つの動きが組み合わされています。その中でも動きの多き方クランクの事を、ウォブリングタイプ、やローリングタイプと言った言い方をする事があります。

ボディ形状

形状も大きく分けて2通りあります。

丸っこいラウンドタイプとボディタイプの細いフラッドサイドタイプの
2通りです。
この2つのタイプの違いは基本はアピール力の違いです。
アピール力はフラッドサイド>ラウンドタイプとなります。
ラウンドタイプはウォブリングが強い動きをし、フラットサイドはローリングが強い動きになります。

クランクのタイプ

タイプは大きく分けて三種類あります。


基本はリップの長さで潜行深度は変わります。

SR シャローランナーの略で浅いレンジを巻きたい時に使うタイプ
MR ミッドランナーの略で中層
DR ディープランナーの略

どれぐらいの深さの池かを知る事も出来ます。ですが潜行深度はクランク本体には書いていない為に購入時のパッケージに書いてある潜行深度を頭に入れておく必要があります。

マグナムクランクについての記事はこちら

マグナムクランクは琵琶湖だけじゃない。野池でも釣れる!!使い方、タックルについて皆さんはマグナムクランクのイメージってどんなイメージをお持ちでしょうか? 専用タックルが必要じゃないか、根掛かりが怖い、釣れるのは琵琶...

主な使い方、おすすめ

クランクの使い方ですが
クランクは巻物と言われていますが、その通り基本通り巻いて使います。

大事な事は
巻いてくるコースと巻くスピードです。

一番釣れる釣り方は、やはりストラクチャー(障害物)に当てて食わす方法です。
少し詳しく書くと
クランクを巻いてきている間に何か障害物にクランクが当たります
その当たった瞬間にルアーがヒラをうちます。この平打ちした時のさっきまでの動きと違うギラッとした瞬間にバイトがあります。

これはバスはお腹が減って食ってきた訳ではなく、思わず口を使ってしまった。
何者かわからないものがギラッと平打ちしたから口を使ってアタックしてしまった。
そんな釣れ方になります。

平打ちの瞬間に巻くのを止めて浮かすパターンもかなり強いです。
基本はストラクチャーに当てて使いますが
地面をザクザク砂煙を立てて巻くザリガニパターンも砂地の池では使ったりします。
これも野池ではおすすめの使い方で騙して口を使わすというよりかは、ザリガニだと思わせて追いかけさせて食わす。食わなければ止めて食わすタイミングを作ってあげる。

クランクベイトに言える事は
魚のように見せてゆっくり巻く事は個人的にかなり少ないです。
正直魚に魚に似せたプラスチックが前を通りますよーー。って言ってるもんだと思います。
クランクは騙すルアーです。見せるルアーではありません。

クランクの使い時

クランクを使うのは簡単で基本は巻くだけですが
使い時が一番難しいです。これが釣れないイメージを持つ原因ですね。

個人的なクランクの使い時は2点

風と濁りです。

風に強いのはなぜか
風が吹いたら巻物と言いますが風で水面にあたる光が乱反射し魚を騙しやすくなり、クランクを巻いてる時はラインテンションが常にかかっているために風があってもストレスが少なく釣りができます。
風が出た後は濁りやすくなりますが、濁るとバスもルアーが見にくくなりクランクで騙しやすくなります。

風と濁りの無い時に使わない理由としては騙しにくくなるからです
風と濁りはリアクションバイトの要素が増える事になります!

クランクが釣れるタイミングには主に三回あります。
まずは着水後の巻き初めファーストダイブと言われる動き出しのタイミング
次に巻いてボトムに当たった時のボトムコンタクト時
最後にルアーピックアップ時の浮上時のバイトです。

スポンサーリンク


リールのギア比

クランクベイトを使うにあたってのリールのギア比ですが

これには個人差がありますが
シャロークランクでの場合はノーマルギアかハイギアで使用します。
ディープクランクの場合は巻き重りがあるのでローギアを使用します。

自分が巻いていて気持ちのいいギア比がおすすめですよ!
ボートとおかっぱりではタックルの本数も変わってしまいますが基本はノーマルギアがおすすめです!

クランクに使うライン

クランクに使うラインですがナイロンとフロロの二択になります。

ラインの太さは12、14ポンドが使いやすくおすすめです!
ラインの太さに関してですが細いほどよく潜り太いほどルアーは潜りにくいです。

オカッパリの一本であればフロロになる事が多いと思いますが
クランクにおいての私のおすすめはナイロンです。

クランク専用としてグラスロッドを使う場合はフロロにしてもグラスロッドのおかげで
バイトを弾くことも少ないのでフロロでもいいと思いますが

専用のロッドじゃない場合はティップの入りにくい竿を使っている人も多いはずです
そのような竿では貴重なバイトを弾いてしまいます。
なのでナイロンの伸びる特性を利用してバイトを弾かないようにするのがおすすめです!

ナイロンのメリットは他にもあります。

ナイロンはフロロよりも軽いためにラインが潜りにくい質をしています。
潜りにくいのでストラクチャーに当たる時にラインが浮いていてルアーが先にストラクチャーに当たってラインは擦れにくいです。
これはラインを痛めにくく結びなおしを減らせます。

ルアーがスタックする可能性がフロロよりも減らす事ができます。
ロストもしにくいですね!

アイのチューニング

クランクを巻いていてまっすぐ巻けず横にルアー流れる事はありませんか?

ルアーを結ぶアイを曲がる方向と逆にチューニングすればまっすぐ泳がせることができます。
まっすぐ泳がす事ができないとここを通してきたい!と思う場所を通す事ができなくなります。当てたい場所にも当てる事ができなくなります。

必ずこのアイチューナーは持っておいた方がいいですよ!

まとめ

クランクの事について書いてきましたが、クランクはこれからも釣れるルアー代表だと思います。
釣れないイメージですが使い方、使いどころが合えば必ず釣れます!
なんならパターンがハマれば数本釣れる事もあります!

ネチネチした釣りでは取れない魚が居ます!ぜひ巻物の楽しさを覚えてほしいです!

初心者の方は釣れないと悩んでいる人も多いと思いますが
自分の使いどころを探してぜひデカバスをゲットしてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。